バス釣りにおすすめのPEラインを紹介します【ベイト・スピニングリール別】

ライン

「PEラインっていろいろあるけど、何かおすすめってある?」

もともと海釣りで使われていたPEラインですが、バス釣りでもPEラインを使うことが増えてきました。

このページでは、PEラインの性能と価格を比べながら、コスパがいいおすすめのものを3つ紹介します。

 

1位:YGKよつあみ「G-soul X8 Upgrade PE」

*ちなみに、Amazonが一番安く、送料無料で買えるのでお得ですよ。ラインは釣具屋で買うとむしろ損しやすいです。

号数 0.6~4号
8本編み
糸巻き量 0.6~1.5号 150m
0.6~4号200mの2パターン
カラー ライムグリーン(1mごとに15cmのバイトマーカーあり)
実売価格 2,200円〜3,300円

PEラインのおすすめ第1位は、YGKよつあみのG-soul X8 Upgrade PEです。

このPEライン最大の特徴は、ライントラブルが少ないことですね。

PEラインを使うときには、とにかくライントラブルが少ないことが大事なんですよ。

というのも、PEラインはフロロカーボンやナイロンのようなハリがないため、バックラッシュしたりして一度ラインがからまるとなかなか修復できません。

バス釣りは遠投もするし、ショートキャストもするし、巻く釣りもワームで繊細な釣りもします。

いろんな釣り方をするので、なるべくトラブルのないPEラインを使う必要があります。

G-soul X8 Upgrade PEはハリのないPEラインの中でもわりとしっかりしています。

細さも表記通りの細さで、強度も抜群、製品のムラが少ないため信頼性も高いです。

ゆいいつ色落ちがちょっと気になるくらいですね。

新品から数回使えば、色落ちも落ち着いてきますし、そもそも色が落ちても性能に問題はありません。

ただ、0.6号からしかラインナップがないので、これ以上細いPEラインを使いたいのであれば、もうひとつのPEラインをおすすめします。

0.6~4号までの間であれば、このラインを使っておけばまず間違いはありません。

 

2位:YGKよつあみ「G-soul オードラゴン」

号数 0.4~3号
4本編み
糸巻き量 150m、200m、300mの3ラインナップ
カラー うぐいすグリーン(1m毎15cmウメレッドマーク)
10m毎5色1m毎マーキング入りの2色展開
実売価格 1,700円〜2,600円

第2位はYGKよつあみのG-soul オードラゴンです。

このラインの特徴は、なんと言っても比重が水より重いことです。

普通のPEラインは水の比重1よりも軽いんですよ。

なので、表面張力が加わると水に浮いてしまいます。

この浮力を活かしてトップや表層系のルアーは使いやすいんですが、逆に底をとるルアーに向いているとは言えません。

PEラインが浮こうとして、その先のリーダーにフロロをつけていても水なじみが悪いんですよね。

その問題を解決したのがG-soul オードラゴンです。

このラインの比重はどの号数でも1.40で統一されています。

ちなみに、素材別の比重はこんな感じになっています。

素材 比重
PEライン 0.97
ナイロン 1.14
G-soul オードラゴン 1.40
フロロカーボン 1.78

比重の重いPEラインはG-soul オードラゴンの他にもありますが、号数ラインナップが少なかったり、号数によって比重が異なっていたりします。

「PEラインは使いたいけど、水に浮いてなじまないのが嫌」という方におすすめです。

欠点としては、普通のPEラインよりもやや毛羽立ちやすいのと、強度が通常のPEラインよりも弱くなってしまうことですね。

それでも比重が重いPEラインは限られているので、状況によっては非常に使えるラインだと思います。

 

3位:サンライン「スーパーブレイド5」

号数 0.6~3号
4本編み
糸巻き量 150m、200mの2ラインナップ
カラー 約10m×5色(ブルー・ピンク・オレンジ・グリーン・レッド)
実売価格 1,300円〜1,700円

第3位はサンラインのスーパーブレイド5です。

安いPEラインの中では抜群の性能と品質が安定しています。

この価格でこれだけ扱いやすいPEラインは他にないんじゃないでしょうか。

それだけ扱いやすく、強度もしっかりしています。

「PEラインがどんなものなのかためしてみたい」という場合にもおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました