バス釣り初心者のためのラインの結び方【ルアー・フック・リーダー別】

ライン

「バス釣りで使うラインの結び方っていろいろあるけど、結局どれがおすすめなの?」

ラインの結び方はいろんな種類があってわかりにくいし、人によって結び方が違っていたりして迷いますよね。

このページでは、バス釣り初心者の方におすすめの結び方を紹介しています。

結論から言うと、バス釣りではパロマーノットさえ覚えればなんとかなります。

ルアーによって結び方を変える必要はありませんし、慣れていないとかえってラインが切れやすくなってしまいます。

それでは、さっそくバス釣りで使うラインの結び方について紹介してきますね。

 

強くて簡単な最強の結び方「パロマーノット」

  • きちんと結ぶと強度がほぼ100%になる
  • 簡単に結べる
  • 小さなアイだと糸を通しにくい
パロマーノット(田辺 哲男)

出典:株式会社モーリス

  1. 最初にラインを2つに折っておく
  2. 折り返した状態でアイに通す
  3. そのまま片結びをする(このときにしめ込まないこと)
  4. 先端にできた輪っかをルアー(フック)に通す
  5. 本線とあまり糸をゆっくりしめ込む
  6. あまり糸を切って完成

簡単な結び方のなかで、一番強度が強いのがパロマーノットです。

きちんと結べると直線強度とほとんど同じ強さになります。

結び方もシンプルで簡単なので、プロも愛用する結び方です。

このパロマーノットさえマスターしていれば、バス釣りでは十分です。

ルアー以外にフックを結ぶときにも使えます。

リーダーを結ぶときは、輪っかに通せないのでダブルユニノットを使いますね。

ただし、1つ注意が必要なのは、アイに通す2本のラインがクロスしないように結んでください。

ここがクロスしていると、片方のラインがもう片方のラインを下じきにして圧迫してしまい、強い強度がでません。

簡単な結び方なので、丁寧にゆっくりと結ぶことが大切です。

 

覚えておいて損はない結び方

ダブルユニノット(ユニノット)

  • 基本になるラインの結び方
  • 簡単で結びやすい
  • 安定した結束強度がある
ダブルユニノット・ビッグベイト用ダブルユニノット(平岩 孝典)

出典:ユニチカフィッシングランド

  1. ラインをアイに2回通してから、ラインの先端で輪っかを作る(ユニノットはアイに1回通すだけ)
  2. ラインの先端で本線と輪っかをいっしょに5回巻きつける
  3. ここでいちど軽くしめ込んでおく(しめすぎに注意)
  4. 結び目をアイに近づけるように本線を引っぱっていく
  5. 最後にしっかりとしめ込む
  6. 余分な糸をカットして完成

ラインを巻きつけるのは5回で十分で、たくさん巻きつけても強度は変わりません。

どの結び方でも言えることですが、最後にしっかりとしめ込むことが大切です。

これができていないと、ラインがすっぽ抜けてルアーだけ飛んでいってしまうので、とても危ないです。

ダブルユニノットは結びが簡単で、どんなものにでも対応できる基本の結び方です。

僕はヘビーキャロライナリグなどでリーダーを結ぶときには、ダブルユニノットをおすすめしています。

ルアー釣りはルアーを何度も変えるため、簡単に結べることと安定した結束強度が重要です。

強い結束強度の結び方でも、焦って結ぶとキャストやフッキングで簡単に切れてしまいます。

手前味噌ですが、僕が解説したユニノット動画も載せておきますw

【ユニノット結び方のコツ】初心者でも簡単にルアーとラインを結べるよ

 

ダブルクリンチノット(クリンチノット)

  • 簡単で強度もそこそこ強い
  • 太いラインにはやや不向き
  • 巻きつけ回数が多いと糸ヨレしやすい
VARIVAS TV 「ダブルクリンチノット」

出典:シーガー

  1. アイに糸を2回通して折り返す(クリンチノットはアイに糸を1回だけまきつける)
  2. 折り返した糸を本線に5回巻きつける
  3. 巻きつけたところを押さえて、糸の先端をアイに通した輪っかにくぐらせる
  4. 通したあとにできた大きなループに先端をくぐらせる
  5. 本線をゆっくりとしめ込んでいく
  6. 余分な糸を切って完成

ダブルクリンチノットもユニノットと同様に、ルアーを結ぶ基本の結び方です。

簡単で強度が強いので、プロでもクリンチノットを愛用している人はいますね。

ただし、太いラインだとしっかりしめ込んでおかないと、すっぽ抜けてしまうことがあるので注意が必要です。

また、結び目をアイにもっていくときに糸ヨレしやすいのも難点です。

僕はこういったデメリットがあるので、クリンチノットは使っていません。

ほとんどパロマーノットとダブルユニノットを使ってます。

 

リールに結ぶときはユニノットがおすすめ

リールにラインを結ぶときは、ユニノットがおすすめです。

スピニングリールの場合は、最初にユニノットで大きな輪っかを作っておくとやりやすいですね。

ベイトリールの場合は、ラインがでていくレベルワインダーに通して、それからスプールにラインをくぐらせてからユニノットで結びましょう。

あとは、結びコブのあまり糸をできるだけギリギリで切っておくことです。

こうすることで、結びコブに巻いたラインがひっかかりにくくなります。

スピニングリールの場合、結び目にシールを貼ってラインのひっかかりを防止することもできます。

ベイトリールの場合は、スプールにシールを貼って結びコブを隠さないほうがいいですね。

ベイトリールのスプールにシールを貼ると、スプールの重心がずれて異音が出るようになります。

これを気にしないという人もいますが、なるべくシールは貼らないほうが快適に釣りができるようになりますよ。

 

まずは1つの結び方をマスターすること

バス釣りに使われる結び方はいろいろありますが、正直すべてを覚える必要はありません。

基本の結び方は1つマスターしておけば十分で、あとは状況に応じて少しずつ必要な結び方を覚えていきましょう。

バス釣りをどんどん極めていくと、仕掛けによって結び方を変える必要が出てきますが、最初はそんな必要ありません。

というのも、結び方は慣れていないと失敗しやすいですし、強度がきちんと出せなくなってしまいます。

それよりも、自分が結びやすい結び方を1つ覚えて、それをきっちりマスターしたほうがライン切れを防ぐことができます。

プロでも結び方が人によって違うのは、自分の手が慣れていて安定して早く結べる方法にしているからなんですね。

そのなかでも初心者の人におすすめなのは、パロマーノットです。

もしパロマーノットが結びにくいと感じたときは、ダブルユニノットかダブルクリンチノットでもOKです。

失敗したパロマーノットよりも、しっかり結んだユニノットのほうが強度は強くなるからです。

自分が安定して早く結べる方法を1つ見つけておきましょう。

 

結び方と同じくらいこまめなラインチェックが大事

バス釣りでは1つの結び方をマスターするのと同じくらい、釣りをしている最中のラインチェックも大切です。

というのも、バス釣りでラインが切れる原因はだいたいこの3つになります。

  • 結び方がしっかりできていない
  • ラインが古くて劣化している
  • ラインに傷がついている

結び方の種類よりも、まずは自分の結び方が丁寧にできているかどうかが重要です。

いくら強い結び方であるパロマーノットでも、結び目が重なっていたり、しめ込みが甘いとキャスト切れやフッキング切れを起こします。

キャストとフッキングの強い衝撃に耐えるには、しっかり丁寧に結んでいなければなりません。

とくにビッグベイトなどの重いルアーを使うときには注意が必要です。

せっかく手に入れた高くてレアなルアーが、キャストした瞬間に水の中にドボンじゃ悲しすぎますよね。

結び方が雑なパロマーノットよりも、きちんと結んだユニノットのほうがはるかに強いです。

つぎに、ラインが古くなって劣化している場合です。

僕は値段が高い糸よりも、安い糸をおすすめするんですが、それは定期的に巻き替えることによって、つねにラインの状態を新しく保つためです。

高い糸でも古ければ切れやすくなりますし、最近は安くても使いやすいラインがあります。

高い糸をもったいないと思いながら劣化したままずっと使っているよりも、何回か釣りに行ったら新しく巻き替えたほうが強いです。

最後に、ラインが切れる原因として傷がついていることです。

ラインに傷がついていると、フッキングやキャスティングであっという間に切れてしまいます。

せっかくバスがルアーに食いついてきても、ラインに傷がついているとフッキングしたときにプチっと切れてしまいます。

バス釣りはストラクチャーをメインに攻める釣りです。

なので、どうしてもラインがストラクチャーにこすれやすいんですよ。

自分ではこれぐらい大丈夫だと思っていても、触ってみると思っていた以上にザラザラしていることもよくあります。

こまめにラインに傷がついていないか、とくにバス1匹釣ったときには必ずラインチェックをしておきましょう。

キャストする前に、ルアーから1mくらいまでを指先でつまんでなぞれば、ラインに傷がついているかどうか判断できます。

もし傷がついていたり違和感があったら、めんどくさがらずに結び変えておきましょう。

このときに自分が安定して早くラインを結べるようになっていると、こまめに結び変えるクセをつけることができます。

いろんな結び方を知っているよりも、1つの結び方をマスターしたほうがいいのはラインに傷がついてもすぐに結び変えることができるからです。

たまに「なんでラインが切れたんだろう?」とわかっていない人がいるんですが、だいたいはラインチェックをしていないか、結び方が雑なことがほとんどです。

なので、自分が安定して早く結べる方法をマスターしておくことが、せっかくの1匹をものにすることにつながります。

動画での解説はこちら

ルアーとラインの結び方で重要なことなのに教えてくれないことが2つあります

バス釣りで使うラインの結び方まとめ

  • 強くて簡単なのはパロマーノット
  • ダブルユニノットやダブルクリンチノットもおすすめ
  • リールに結ぶときはユニノットがおすすめ
  • まずは1つの結び方をマスターすること
  • 結び方と同じくらいラインチェックも大事

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました