彦根市にあるブラックバス釣りポイントのまとめ

おかっぱりポイント

このページでは、彦根市にあるブラックバス釣りができるポイントをまとめました。

彦根市のあたりは琵琶湖の中でも遠浅の地形になるので、本湖のポイントがそれほど多いわけではありません。

その代わりに、漁港や河川・内湖での釣りができるようになっています。

ただ、このあたりは外来魚駆除を積極的に行なっているため、以前ほどは釣れなくなってきているのが現状です。

矢倉川・彦根ビューホテル裏

矢倉川の河口周辺と川筋、彦根ビューホテルの裏側にあるテトラ帯に広がるウィードが主なポイントです。

矢倉川は春先の水温上昇が本湖よりも早いため、2〜5月のゴールデンウィークあたりまでがとくにおすすめ。

テトラ帯のウィードは5月末〜10月くらいまでが狙い目ですが、その年のウィードの生え方で当たり外れが大きいですね。

ポイントの詳しい紹介はこちら

矢倉川・彦根ビューホテル裏:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント
矢倉川とそこに隣接する彦根ビューホテルの裏側です。 矢倉川の河口には無料でボートが下ろせるスロープがあるんですが、ジェットスキーやボートを利用する一部の人たちのマナーが悪く、今年から試験的にスロープが閉鎖されています。...

彦根新港

旧彦根港と合わせると、一年中ブラックバスが狙えるポイントです。

夏から秋にかけては、新港の大きな突堤の外側に広大なウィードフラットが形成されます。

おかっぱりのウィードフラットは攻めどころがつかみにくいので、ウィードエッジ・ミオ筋・テトラなどの複合ストラクチャーを先に狙っていくのがおすすめです。

ポイントの詳しい紹介はこちら

彦根新港:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県彦根市)
彦根港は新港と旧港とあるんですが、こちらは新港のおかっぱりポイントです。 足場がよくアクセスもいいので、それなりに人気がありプレッシャーも高めです。 北湖東岸のこのあたりは地形変化が少ないので、彦根新港のような大きい人口...

旧彦根港

旧彦根港だけでも年中バスが釣れるポイントですが、おすすめは冬〜春先までの寒い時期です。

このポイントの奥から温排水が流れているため、真冬でも水温が高くなっています。

温排水の影響があり、越冬するために本湖からバスが水路に入ってきます。

基本的には小バスが多いのですが、その中にデカバスも混じっています。

水路は真冬でもウィードが枯れないため、ウィードを中心にした釣り方になります。

ただし、最近はブラックバス駆除が活発に行われているため、せっかくの越冬ポイントですが12月〜3月にかけて、駆除が進むほど釣れなくなっていきます。

ポイントの詳しい紹介はこちら

旧彦根港:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県彦根市)
旧彦根港は琵琶湖の真冬の定番スポットです。 有名なポイントである反面、釣り人も多く、それにともない迷惑駐車も多いので、いつ釣り禁止になるかわからない場所でもあります。 駐車できる場所について 注意!旧彦根港に隣接す...

芹川漁港・平田川

5月のゴールデンウィークあたりから秋までが狙い目のポイントです。

芹川漁港の突堤にあるテトラ周りとウィード・ハードボトムが主なストラクチャーになります。

芹川の河口付近のブレイクはウェーダーを履いて狙うか、漁港の反対側にあるテトラから狙うのがおすすめ。

平田川では春先の水温上昇で入ってくるバスを狙いましょう。

ポイントの詳しい紹介はこちら

芹川漁港・平田川:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県彦根市)
小鮎釣りで超有名な芹川にある漁港と、その支流?の平田川です。 駐車できる場所について 北側の河口近くに数台駐車できる場所があります。 芹川漁港・平田川での釣り方 このあたりはゴールデンウィーク〜秋まで...

野田沼

真冬以外ならいつでも釣れますが、おすすめは産卵のために本湖からバスが入ってくる春〜初夏までです。

スポーニングシーズンは本湖と野田沼をバスが行き来するため、野田沼につながっている水路もおすすめ。

ただ、スポーニングシーズンには外来魚駆除も積極的に行なっているため、昔ほどは釣れなくなってきています。

ポイントの詳しい紹介はこちら

野田沼:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県・彦根市)
野田沼は琵琶湖の湖東にある内湖のうちのひとつです。 以前は琵琶湖全体に内湖が多かったようですが、埋め立てによりどんどん現象してしまったようです。 このあたりはまだ内湖が多く残っている地域ですね。 駐車できる場所...

宇曽川

水温が上がり始める春は川筋が、ウィードが生える夏から秋は河口付近がおすすめです。

居着きのバスよりも、回遊しているバスを狙うイメージが強いですね。

川幅もそれなりに広いため、テンポよく探れる釣り方をしていきましょう。

ポイントの詳しい紹介はこちら

宇曽川:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県・彦根市)
宇曽川はバス釣りだけでなく、小鮎釣りやナマズ釣りでも有名なポイントです。 流量がそれなりにあるため、水質は安定しています。 駐車できる場所について 琵琶湖を流れる河川としては珍しく、堤防の南側に8台ほど停められる無...

曽根沼

真冬以外ならオールシーズン釣りが楽しめるポイントです。

ところどころにオダが沈んでいるので、ひっかかりにくいルアーで攻めるのがおすすめ。

ウェーダーがあると、手前にブッシュがあっても狙えるポイントが増えます。

曽根沼と本湖をつなぐ水路がほとんど埋まってしまっており、本湖から曽根沼に入ってくるバスはほとんどいないので居着きのバスを狙う感じです。

曽根沼でも外来魚駆除大会が行われたりしているため、年々釣れなくなってきています。

ポイントの詳しい紹介はこちら

曽根沼:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県・彦根市)
曽根沼は緑地公園も隣接していて、きちんと整備されている内湖です。 トイレも駐車場もあり、足場がしっかりしている場所もあるため、ファミリーフィッシングにもおすすめです。 ただし、子供といっしょに釣りをするときはライフジャケ...

神上沼

真冬以外はオールシーズン釣れますが、スポーニングにからむ2月末〜5月のゴールデンウィークまでがとくにおすすめ。

歩いて1周まわれるくらいの規模なので、内湖というよりも野池に近い感覚ですね。

美味しいポイントだけを狙ったら、他の場所に移動していきましょう。

こちらも外来魚駆除が積極的に行われているため、それほど釣れるわけではなくなってきています。

ポイントの詳しい紹介はこちら

神上沼:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県・彦根市)
 神上沼は琵琶湖の湖東にある、ちょっと小さめの内湖です。 簡単に1周まわって釣り歩くことができます。 護岸がされている場所も多いので、比較的釣りはしやすいと思います。 神上沼の近くで駐車できる場所 沼のすぐそ...

愛知川

愛知川河口あたりは春〜秋までがおすすめです。

状況によってシャローを狙うのか、それともブレイクを狙うのかを釣り分けることが大切です。

居着きのバスよりも、回遊しているバスを狙うイメージで釣っていきましょう。

漁港付近は遠浅、河口の沖にブレイクがあるので遠投できる仕掛けがおすすめです。

ポイントの詳しい紹介はこちら

愛知川:琵琶湖のバス釣りおかっぱりポイント(滋賀県彦根市東近江市)
愛知川は琵琶湖の湖東を流れる流入河川で、川幅も広く、流量が安定しています。 琵琶湖に流れる河川としてはかなり大きく、河口周辺は水深の変化があるポイントです。 愛知川河口付近で駐車できる場所について 愛知川の...

北湖のポイントをチェックするのにマップ本があると便利ですよ。僕はこの本に自分でいろいろ書き込んで、マイポイントを簡単にチェックできるようにしています。

タイトルとURLをコピーしました