バス釣りを始めるときに初心者が最初に買うべきおすすめのスピニングリール2選

リール
スポンサーリンク

「バス釣りを始めたいんだけど、最初にスピニングリールってどれを買ったらいいの?」って悩んでしまいますよね。

世の中にはたくさんのスピニングリールがあるし、同じ機種でもいろんなタイプがあります。

そこでバス釣りを始めるにあたって、いちばん最初に買うべきスピニングリールを2つ紹介します。

メーカーはダイワであれば、レブロスLT2000S

シマノであれば、サハラC2000S

この2つのどちらかを選びましょう。

同価格帯であれば、アブガルシアやカストキングのものを選んでもいいです。

このあたりはデザインやメーカーの好みで選んでもぜんぜんOKです。

もう少し詳しく解説してみますね。

番手は2000~2500番を選びます。

なぜかというと、番手が小さい2000番のほうが軽く、よく飛びますが、ドラグ性能がやや劣ります。

糸巻き量も少なくなります。

2000番の特徴

  • 軽い
  • 飛距離が出る
  • ドラグ性能がやや劣る
  • 糸巻き量が少なくなる

番手が大きい2500番のほうが自重が重くなり、遠投性能はやや劣ります。

代わりにドラグ性能が良くなり、糸巻き量も多くなります。

2500番の特徴

  • 重い
  • 飛距離が落ちる
  • ドラグ性能が良くなる
  • 糸巻き量が多くなる

いずれも2000番、2500番を比較しての特徴です。

どちらもバス釣りに使えることには変わりありません。

ギア比はノーマルを選びましょう。

ハイギアもありますが、スピニングリールで繊細な釣りをするためにはノーマルギアのほうが糸ふけ量を調整しやすいです。

 

スポンサーリンク
僕が配信しているYouTubeチャンネルもあります

チャンネルを見てみる

まとめ

  • ダイワならレブロスLT2000S
  • シマノならサハラC2000S

動画による解説はこちら

バス釣り超初心者が初めて買うべきスピニングリールの選び方・おすすめ2選
タイトルとURLをコピーしました